【Humble Monthly】2019年2月分が一部公開、今月の先行公開は「Yakuza 0」「Tom Clancy’s The Division」の2本!

 

【2019年1月12日】
先行公開に1タイトル「Rapture Rejects」が追加されたため追記しています。

 

あけましておめでとうございます。

お正月の福袋には一切興味ないのにPCのバンドル販売は気になってしょうがないジュウシマツです。

 

さて、PCゲーム界の福袋「Humble Monthly」2019年2月分の中身が一部公開されました。

先行公開タイトルはいつもより少なく2本となっていますが、未所有の方にはなかなか魅力的な内容となっています。

 

スポンサーリンク

2019年2月分 先行公開タイトル

Yakuza 0

Steamリリース日:2018年8月1日 全てのレビュー:非常に好評
Steam平常価格:3,888円 日本語対応 Steam販売ページ(別窓で開きます)

おなじみ日本発アクションアドベンチャー「龍が如く0 誓いの場所」のPC版。

先日まで開催されていたSteamウインターセールでは33%オフの2,604円どまりだったので、このゲーム単体だけ見てもかなりお得。

セガということでリージョンロックの心配もしましたが、購入から起動まで確認済みです。

 

Tom Clancy’s The Division

Steamリリース日:2016年3月10日 全てのレビュー:賛否両論
Steam平常価格:6,480円 日本語対応 Steam販売ページ(別窓で開きます)

オンラインオープンワールドRPGですが、シングルでも十分なボリュームがあります。

先日のSteamウインターセールでは、85%オフの972円と過去最安値となったこともあり若干インパクトは薄いですが、まだまだオンライン人口も多い人気タイトルです。

1つ注意点として、このタイトルはSteam版ではなくUplay版となっています。Steamライブラリには追加されません。

 

Rapture Rejects

Steamリリース日:2018年11月30日 全てのレビュー:賛否両論
Steam平常価格:2,050円 日本語対応 Steam販売ページ(別窓で開きます)

50人のプレイヤーが生き残りをかけて戦う2Dバトルロイヤル。

早期アクセスということでリリースされたばかりのタイトルが早くもバンドル入りですが、残念ながら同時接続数がすでに50人以下になっている模様。

今後のアップデート次第といったところでしょうか。

なお、Humble限定スキン”Safari Outfit”のキーも付属しています。

 

1月分全タイトル

Just Cause 3XXL Edition

リージョンロックにより利用不可

 

Project Cars 2

リージョンロックにより利用不可

 

Wizard Of Legend

全てのレビュー:非常に好評
Steam平常価格:1,680円 日本語対応

 

Q.U.B.E. 2

全てのレビュー:非常に好評
Steam平常価格:2,570円 日本語非対応

 

>Observer_

全てのレビュー:非常に好評
Steam平常価格:2,980円 日本語対応

 

Sundered: Eldritch Edition

全てのレビュー:非常に好評
Steam平常価格:2,050円 日本語対応

 

Regions Of Ruin

全てのレビュー:非常に好評
定価:1,220円 ※ 日本語対応

※ Steamでは日本語サポート無しになっていますが、不完全ながら日本語対応している模様です。

 

The Darkside Detective

全てのレビュー:非常に好評
定価:1,280円 日本語非対応

 

Roombo: First Blood

Humble専売

 

総額261ドル相当・・・ですが「Just Cause 3XXL Edition」と「Project Cars 2」が対象外なため、実質116ドル弱(+5ドルクーポン)という結果になりました。

この2タイトルが含まれていればかなりお買い得だったと思います。

 

さて2月分ですが「龍が如くシリーズ」を一切未体験な自分は、前々からやってみたかったこともあり速攻で購入しました。

が、ウインターセールで購入したゲームもあるのでプレイするのはもう少し後になりそうです。

 

こうやってどんどんゲームが積まれていく・・・

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました